ドッグトレーナーコース

家庭犬訓練学科[ 2年制(男女) ]

ドッグトレーナー養成コース

多種多様なモデル犬を中心に、一人ひとりに担当犬が与えられ、毎日実践的にトレーニングができるiASCならではのカリキュラム。

基本から高度な服従訓練、ドッグスポーツなど多様なトレーニングシーンを想定した実習重視の授業を展開し、トータルに訓練を提案できる技術力・指導力を養います。
飼い主様の様々な相談に対応しながらワンちゃんの健康管理やしつけについて的確な指導ができるレベルの高いドッグトレーナーを目指します。

さらなるプロフェッショナルを目指す研究科(3年制)、業界の教育者を目指す修士科(4年制)もあります。

iASC即戦力育成POINT

実践型実習で
コミュニケーション能力を養う

飼い主様を想定した本番さながらの実習で説明力を養います。
また、言葉で足リない部分は「見せる」ことで補い、さらにわかリやすく「伝える」スキルを習得します。

プロの訓練士と一緒に
学院内でしつけ教室を開催

ワンちゃんの問題行動の解決方法はもちろんのこと、円滑なコミュニケーションの取り方や接客まで、プロの訓練士の指導の下、トレーナーに必要とされるスキルをトータルに学びます。

警察犬・盲導犬・災害救助など
使役トレーナーを目指せる

現役で活躍する警察犬訓練士や家庭犬訓練士、ブリーダー等の教師陣から、今、求められている知識や高い技術を余すことなく学ぶことが できます。

多くの大会に出場して
自分の実力を試せる

1年次よリアジリティー(※)に取り組み、よリハイレベルなトレーニング技術を習得していきます。
ワンちゃんとの日頃の訓練の成果を発揮する機会として、各種競技大会にも積極的に参加します。
経験を積むことでワンちゃんとの信頼関係がより深まリ、確実なスキルアップにつながリます。

入学から卒業までの流れ

カリキュラムドッグトレーニングはもちろん、専門外の分野も広く学びます

ドッグトレーニング実技

  • 訓練実習Ⅰ 基礎

    犬の接し方、扱い方や褒め方、褒めるタイミングなど犬の訓練の基本を学びます。

  • 訓練実習Ⅱ基本服従訓練

    服従訓練の基本である「オスワリ」や「フセ」「マテ」「ツケ」「コイ」の5項目を学びます。

  • 訓練実習Ⅲ応用服従訓練

    高度な服従訓練を学びます。

  • 訓練実習Ⅳ継続訓練

  • ドッグスポーツ実習

    アジリティやフリスビーなどのドッグスポーツを学びます。

  • パフォーマンス実習

    服従訓練以外の「タチアルキ」や「お手」などの犬の個性あふれる能力を活かしステージ構成なども考えていきます。

  • 使役犬訓練実習

    ※訓練実習授業は、すべて実際の犬をつかいます。

ドッグトレーニング学科
  • ■ 基礎服従訓練学Ⅰ・Ⅱ
  • ■ 基礎服従訓練学Ⅲ・Ⅳ
  • ■ 応用服従訓練学
  • ■ 高等訓練学総合
  • ■ ドッグスポーツ学
  • ■ しつけ教室プログラム
総合学習
  • ■ 動物看護実習
  • ■ ハンドリング実習
  • ■ 美容実習
  • ■ インストラクター実習
  • ■ 飼育管理実習
  • ■ ブリーディング実習
  • ■ ドッグマッサージ実習
  • ■ インターンシップ実習
  • ■ ペットシッター概論
  • ■ 犬学
  • ■ 猫学
  • ■ 動物基礎美容学
  • ■ 飼養管理学
  • ■ 動物関係法令学
  • ■ 獣医学
  • ■ 動物衛生学
  • ■ 動物解剖生理学
  • ■ 動物栄養学
  • ■ 応対接待マナー
  • ■ 礼儀作法
  • ■ パソコン実習
  • ■ 経営学
  • ■ 英会話

取得ライセンス多彩なライセンス取得に挑戦できます!

  • 訓練士

    犬や猫の健康的な美しさを引き出す美容。
    他にも犬具やフード類の販売、子犬・子猫の生体管理など仕事は多岐にわたります。

  • 使役犬トレーナー

    獣医師をサポートし、動物の看護・管理を行います。
    深い知識と技術、言葉を話せない動物の小さな変化に気づく力が必要です。

  • ■ 家庭犬訓練士ライセンス
  • ■ キャットグルーマーライセンス
  • ■ 愛玩動物飼養管理士ライセンス
  • ■ アニマルアロマセラピーライセンス
  • ■ 動物看護師ライセンス
  • ■ ハンドラーライセンス

スケジュール例