命のおもさ

今日は愛玩動物講座ということで茨城県動物指導センターから担当の人が来て色々お話しをお聞きしました
とても辛い内容となっていました
最初の1時間は担当の人がパソコンと資料を使ってお話しを聞いていました
最後にある映像を皆んなで見ました
そのある映像とは犬たちが殺処分されてしまうリアルな映像です
私は正直殺処分する時、犬を安楽死出来るよう薬をご飯等に入れて、苦しまず眠るように死んでしまうと今まで思っていました
しかし実際は、部屋に閉じ込められ炭酸ガスで苦しみながら死んでいく犬たちを見ました。
そんな苦しむなか一生懸命空気を吸い息をする犬たちを見てもう涙が止まらなかったです。
冷たくコンクリートで囲まれた部屋にどんどん迫って来る壁に誘導され、何も知らずにしかも人間の勝手な理由によって連れてこられた犬たちが閉じ込められた瞬間、、、もう言葉が出てこなかったです。どんな理由であれ指導センターに連れてこられた犬たちは10分も経たずに死んでしまいました
その度に何回も心がえぐられていきました。
全国で殺処分の数で第2位は茨城県です。
年を重ねるごとに数は減っていくといっていますが、命が確実になくなっていくことは事実です。
自分にも出来ること、、、動物指導センターの人が言っていた鑑札や狂犬病予防接種の呼びかけなどやっていきたいと強く思いました。
そして動物愛語推進員の方のように全ての犬たちがハッピーエンドになるよう私たち人間が少しでも多く命を救っていきたいと思いました。
改めて命の大切さを感じた1日となりました
美容科Kちゃん